mailcatcherとletter_opener_webの使い分け

letter_openerをよく使います。ローカルの開発環境でメールが送信されたらブラウザのタブが新しく開き、メールが送信されたことがすぐにわかる。べんり。 しかし、最近Docker環境で開発することが増えたので、自動でホストマシンのブラウザタブを開くことが…

ajaxでHTMLをリクエストするタイプの設計のときに、メタ情報もうまく受け取りたい

Railsアプリケーションを書くときに、turbolinksやstimulusなどを使い、なるべくサーバサイドはHTMLを返してjsをあまり書かずに楽をする、という方針でいくとします。このように割り切るとだいぶ楽なのですが、例えば次のようなケースで悩みます。 コメント…

macで/etc/hostsに定義を追加するときの注意点

開発用に、127.0.0.1に解決されるドメインを/etc/hostsに登録する、ということはそれなりにあると思います。 そのときに、次のように複数行に分けて書くとなぜか example.com へのDNS lookupがめちゃくちゃ遅くなります。自分の環境ではだいたい5秒ほどかか…

OmniAuthでログインを失敗したときのテストでエラーが出たときの対処法

OmniAuthを利用したログインのsystem specで、ログインに失敗した場合のテストが次のようなエラーになった。 1) ユーザがログインする ログインに失敗したとき "ログインに失敗しました"と表示されること Failure/Error: click_link 'Twitterでログイン' Omn…

Turbolinks5でPOSTするときはajax経由のほうが良いのかも

Turbolinks5になってから「フォームでバリデーションエラーになったあとその画面をリロードしたときの挙動がTurbolinksを利用していないときと異なる」という問題がある。 2年半くらい前からIssueが立っている Turbolinks doesn't recognize form re-submiss…

同一モデルへの関連に対するdependentオプション

いつ書いたのか忘れたけど、下書きに書いてあったので公開 次のように、同じモデルに対してdependent: :destroyを設定してしまうと、もとのモデルを削除したときに二重にDELETEが発行されてしまう class User < ApplicationRecord has_one :latest_post, -> …

capybaraでunicornを使うときの注意事項

capybaraで利用するテストサーバは変更可能 デフォルトだとwebrickだったはず? (追記)capybara3からpumaになっていた capybara/UPGRADING.md at master · teamcapybara/capybara Railsのsystem testだとpuma unicornをproductionで使っているのであれば、un…

るりま編集方法のメモ

プログラミング言語 Ruby リファレンスマニュアルでリンク切れが見つかったので、PRしようと思って調べたことのメモ。 内容はGitHubで管理されているrurema/doctree: Repository of Japanese Ruby reference manual 普通にPRだせばよいみたい wikiに古い記事…

Font Awesome5をRailsアプリケーションに導入した

Font Awesomeのバージョンが5になって、有料版と無料版の二パターンになった。 4.7.0だと675アイコン 5.0.6(無料版)だと929アイコン 5.0.6(有料版)だと2316アイコン(無料版のアイコン含む) Font Awesomeお世話になっているし、アイコン多いほうが嬉しいので…

prmdを利用して空のレスポンスを表現する

prmdで生成されるドキュメントは、Response Exampleが自動的に生成されて便利。 しかし、何かを作成するときや何かを削除するときなど、レスポンスボディがなくても問題ないことを表すのが面倒。 prmd/link.md.erb at 928d9cb1c0fa1163bab5f3cb43c81eed4a147…

続、Railsのきれいなコードについて議論する勉強会

Railsのきれいなコードについて議論する勉強会の話の続き。 とりあえずお題を集めてみようと思い、GitHub上にclean-rails-jaというorganizationを作りました*1。下記のIssueで議論のお題になりそうな案を募集しています。 「こういうとき、いつもどうしたら…

Railsのきれいなコードについて議論する勉強会

Railsアプリで「こういう時、どう実装するのが綺麗なのか?」みたいな現実感ある事例を各自が持ち寄って、それに対する意見を出す場というか、そんなの。nested_attributes_for、bulk_insert、複雑なview、非同期処理をどこに書くの?的な。— 神速 (@sinsoku…

ActionCableでセッションを使う

(追記)ちょっと自信なくなってきた(スタンドアロン版だとちょっと違うのでは?という気がしてきた)ので今度時間のあるときに調べます Rails Guidesを読むと、Action Cableはセッション使えないと書いてあるのだけど、よくよく考えるとAction Cable はRailsの…

webpacker3のコードをざっと読んだ

webpacker3は、「2から導入されたテスト環境でのlazy compileが開発環境にも入り、webpack-dev-serverの起動が必須ではなくなった」「デフォルト設定類がnpmのパッケージ側に寄せられた」くらいの認識だったのだけど、コード見るとどうやらそれ以外の変更も…

headless chromeをdockerで動かすときに注意する点

前提 Google Chrome 61.0.3163.100 chromedriver 2.3.1 Docker 17.03.1-ce docker-compose 1.11.2 注意点 dockerがデフォルトで利用しているseccompの設定だとheadless chromeが動かない seccompを変更することはできる dockerコマンドのオプションでseccomp…

webpacker2から3へアップグレード

だいたい次のような感じで行けるはず(実際は試行錯誤したのでこの通りにはやっていない)。設定ファイルやpackage.jsonに記載されるpackageなどがだいぶ減った。 bundle update webpacker config/webpack 配下を全部消す package.jsonを消す yarn.lockを消す …

Redashをherokuでホスティングする

モチベーション Redashを楽に安くホスティングしたい 以前はherokuでのホスティングをサポートしていたけど、現在はサポートなし しかしDockerでのホスティングをサポートしているようなので、DockerイメージをherokuにpushしてしまえばherokuでもRedash使え…

puma-devとwebpackerを使ってHTTPSで開発する

OneSignalを利用してブラウザPush通知機能を追加した際に、HTTPSでのみ使用する前提のJSライブラリを入れたのが原因で、開発環境でもHTTPSを利用する必要が出た。 前提として、 Mac OSX puma-dev webpacker を利用している。puma-devはHTTPSに対応していて、…

jquery-ujsからrails-ujsへの移行で気をつけること

jquery-ujsからrails-ujsの移行、特に気をつけることないと思ってたけどajax:successなどのイベントのコールバックに渡される引数が違うな— willnet (@netwillnet) 2017年7月15日 jquery-ujs だと data, status, xhr rails-ujs だと event だけ レスポンスの…

2017年にruby1.8.6をビルドする

ruby 1.8.6を使ってみようと思い、mac sierraでビルドしてみようとしましたがだいぶハマりました。 まずは公式のgccを使わないといけないと怒られる。指示の通り入れようとするともうそんなのないと言われる。こちらのブログを参考に無理やり入れてみようと…

会社設立支援系のサービスは便利だけどまだまだなところもあるという話

株式会社ウィルネットを設立した - おもしろwebサービス開発日記の関連エントリ。作る過程のメモ書きです。 僕は普段の記帳にMFクラウド会計を使っていたので、まず関連サービスであるMFクラウド創業支援サービスを試しました。正確にはMFクラウド創業支援サ…

database_rewinder で特定のテーブルを削除対象から除外

database_cleaner との互換性を保つために用意されたメソッドを使う。第一引数はなんでもいい config.after(:example) do DatabaseRewinder.clean_with(:_, except: %w(削除したいテーブル名)) end

CircleCI でデプロイのタイムアウト時間を延長する

デプロイのデフォルトは10分 伸ばす場合は次のようにする bundle exec ... の次はインデント2つにしないとダメ deployment: production: branch: master commands: - bundle exec cap production deploy: timeout: 1500 Note that YAML is very strict about…

sendgrid でメール受信することができる

sendgrid はメール受信系の機能を提供していないと思っていたけど、どうやら出来るっぽい。 公式のドキュメント だと、lite プラン以外で使えます!って書いてあるので heroku の free なやつでは使えないかな?と思ったけど設定画面開けたので使えそう send…

cells-hamlit が使えるようになりそう

cells で haml を使いたい場合は cells-haml という gem を使う必要があった しかし、cells-haml は haml の特定リビジョンに dependency が固定されていて辛い このリビジョンの haml だと brakeman がこける cells-hamlit を使うと上記の問題を解決出来る…

複数人数でiOSアプリを実機確認したい場合

Xcode 7.2.1 です apple developer 上で新しい端末のUUIDを登録する provisioning file を更新する Xcode 7でProvisioning Profileを更新する方法 - らっこのじゆうちょう provisioning file を apple developer からダウンロードして渡す キーチェーンの証…

同じ rake タスクを二ヶ所で書いた時の挙動について

annotate_models のコード見ていたら、次のようなコードが書かれていて、実際の db:migrate のタスクを上書きしてるのかなあ…だとしたら実際の db:migrate の処理どこ行ったんだろうと思った。 namespace :db do [:migrate, :rollback].each do |cmd| task c…

miuchee を heroku 環境に移行した

miuchee を heroku に移行したメモです。 移行理由 @mkouhei さんのサーバ(さくら)を仮想マシン環境で使わせてもらっていた さくら環境要因で時折メンテが必要になっていた 現状の heroku なら無料で使えそうな状況である sendgrid は無料で毎日400通メール…

Intellij で Rails 開発をするときの注意点

vendor/bundle を使わないこと。 検索に gem のコードが交じる gem に jruby用のコードがあると、java 系のプロジェクトとして判断されるようで普通の Rails アプリとして認識しない vendor/bundle を無視する設定にすればよいかと思いきや、gem を認識しな…

IntelliJに挫折中

デバッガを使いたくて、IntelliJを試しています。 がどうもすんなりと移行できません…。 全部入りであるということに魅力を感じて、RubyMine でなく IntelliJ で試しています。ただそうするとプロジェクトがなぜか JRuby on Rails と判断されていろいろうま…